ミキの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS さえずりの森5月・・・落し文・・・

<<   作成日時 : 2017/05/25 00:31   >>

ナイス ブログ気持玉 57 / トラックバック 0 / コメント 20

                     さえずりの森は見事な若葉となりました。

                  5月はいろいろな花が咲いて、散策に楽しい季節です。

                     すでに終わってしまった花もありますが、

                  散策の楽しさをお伝えできたらなぁと紹介しましょう。

                      まずは5月のメイン、朴の花からです。



画像

               朴の花


画像









   かなりの大木ですから、花は次々と咲いて

  渓へ降りていくと素晴らしい香りにつつまれます。




画像

        サワフタギ

画像










    保護区を整理していたらもう一本あることが

   わかりました。なかなか実が見られなくて残念です。



       ササバギンラン

画像


         キンラン

画像









   貴重なササバギンランです、森にこの一本だけ。

  昨年実をつけたので殖えてくれることを祈るのみ。




画像

        サイハイラン

画像










   采配蘭と書きます。大将が指揮をするのに

  振った采配に花の形が似ているということです。

  森のあちこちで見かけます。


       ガマズミ

画像
         クマシデの果実

画像










       赤い実のなるのが楽しみです。

 


画像 

         スイカズラ


画像 









   散策路のフェンスに絡みついたスイカズラです。

  花が白から黄色に変わるので「金銀花」 とも。

  香りのよい花です。




画像
        ウグイスカグラの実

    驚くほどウグイスカグラが殖えました。

   早春に咲いたあの可愛らしい花が、

   実をつけてあちこちに赤い実がなって

   います。摘んで味わうと、とても甘いです。

   鳥たちが殖やしているのでしょうか。




画像
       落し文

  オトシブミ科の甲虫の巣です。

 葉を丸めて巣を作り中に卵を産みつけます。

 枝先にぶら下がったり地上に落ちている事も

 あります。  幼虫の揺籃である葉の筒を

 オトシブミと見立てて名付けられました。

 夏の季語で動物の項に分類されています。

 この落し文はエゴの葉で作られています。 (拡大して見てください)




画像        クサイチゴ

   森のいたるところに咲いていた

  モミジイチゴは、このクサイチゴにとって

  代わりました。上を向いて咲くクサイチゴは

  花も大きく目立ちましたが、今は真っ赤な

  実をつけて散策する人を誘います。

  モミジイチゴほどではありませんが、

                                             甘酸っぱくておいしいです。




画像
        ハンショウヅル

  今年のハンショウヅルは花の数が

 少ないです。それでもこの可愛らしい

 花に出会えて嬉しいですね。

 花弁に見えるのは4個の萼片です。

 風車のような果実も楽しみです。





画像  

         ハルニレの虫こぶ

    一本のハルニレは木が高いので

   花が咲くのかも知らないでいます。

   毎年この虫こぶが花のようについて

   気が弱るのでは?と心配しています。

   虫こぶは下のほうの枝だけのようです。




画像
      ヤマガキの花

  今年も花がたくさん咲きました。

 額のついた小さい実は撮りますが、

 こんな色の優しい花を初めて見たように

 感じました。 いつもの通り道に枝を

 伸ばしているので、小さい実が青柿となり

 だんだん色づいていく様子を楽しめます。



                    渾身へ森の精うく落し文


                    さわさわと葉擦れすがしや朴の花       ミキ







   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 57
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
 万葉のいにしえには、ほほがしわと呼ばれたホオノキは香り高い花で、大輪で良いものですよね。あちこちの山で見ることが出来ますが、なかなか低い位置で咲いていることが少なく、間近で見ることができません。
 ルリミノウシコロシとも呼ばれるサワフタギは花も実も可愛らしいですね。

 ササバギンラン、キンラン、サイハイランと揃い踏みで見られるというのは嬉しいですね。なかなか殖えないないものですが、殖えてくれると嬉しいですね。
 ウグイスカグラ、ハンショウヅルも可愛らしいです。エゴノキの落とし文やハルニレの虫こぶも面白いです。
 さえずりの森も面白いものが沢山で楽しいですね。
なおさん
2017/05/25 05:33
ミキさんおはようございます
さえずりの森今年も素適な木の実お花咲き始めましたね
こうして一枚一枚拡大して観ています
迫力が違いますね〜とても素敵です歌にあるスイカズラ
アップももまた違った感覚で…
晩秋に紅い実が掌の様に生るのがガマズミですか山育ち
だから霜の降りる頃食べた記憶があります
どれも見応えがありとてもステキでした。
コスモス1
2017/05/25 06:22
ササバギンランは大好きな富士山北麓梨ガ原の樹林に自生が見られます。
新しいパソコン調子はいかがですか。
目黒のおじいちゃん
2017/05/25 08:43
朴の花 綺麗に撮れましたね。「サワフタギ」「ササバギンラン」など
珍しい花、山野草、見られ良かったです。
スイカズラ 過日やっと見つけました。
落し文 何かと思いましたが、写真があると一目瞭然ですね。
yoshi
2017/05/25 17:02
落シ文というのですね!
わが家の薔薇の葉っぱに時々こんな状態になっていることがあります。
落し文!納得しましたぁ。
ハルニレ、虫なのですね。
拡大して拝見しましたらお花でないのがよくわかりました。
あっこちゃん
2017/05/25 21:57
 なおさん
  コメントありがとうございます。
 さえずりの森はあっという間に若葉一色です。
 中に入ると朴の花の香りが漂い、チラチラとウグイスカグラの
 赤い実が見えてとても楽しい季節です。
 ランといってもサイハイランは薄暗いような場所に咲き、しかも
 渋い花ですから、うっかりすると見過ごしてしまいます。
 それでも特徴的な一枚の大きな葉で見つけやすいです。
 ルリミノウシコロシ、ぜひ一度瑠璃実を見たいものです。(^^♪
 
ミキ
2017/05/25 23:24
 コスモス1さん
  こんばんは。コメントありがとうございます。
 今の季節はスイカヅラがどこにでも咲いていますね。
 香りもよく花も可愛らしくて皆さんお好きのようです。
 そうですか、拡大して観てくださいましたか、嬉しいですね。
 ガマズミの実、食べましたか?私もあるような気がします。
 甘酸っぱくて…何もない時代でしたから美味しかったですね。
 あっ!またまたお歳のバレるようなことを…。(^^♪
ミキ
2017/05/25 23:31
 目黒のおじいちゃん
  コメントありがとうございます。
 ササバギンランは目立つ場所に咲いていますから、
 盗られないようにいつも気にしています。
  そうですか、梨ケ原の樹林に自生していますか。
 大切にしたいと思っています。
 ハイ、パソコンはとても調子よく働いてくれています。
 ことに画面が大きいので、皆さんのお写真がとても素晴らしく
 見ることができます、嬉しいことですね。(^^♪
ミキ
2017/05/25 23:41
 yoshiさん
  コメントありがとうございます。
 ここは小さな森ですが、宝物がいっぱいです。
 朴の木は3・4本ありますから、森は香りで満たされます。
 ただみんな大きくて花の写真はなかなか難しですね。
  初めての花がありましたか、お役に立てて何よりでした。(^^♪
ミキ
2017/05/25 23:47
 あっこちゃん
  コメントありがとうございます。
 落し文、なかなか洒落た名前ですよね。
 あっこちゃん家のお庭でも見られましたか。
 ハルニレも可哀そうですが、植物たちは動けませんから
 こうして外敵と戦っているのですね。それもまた
 自然のなせる業といえます。
 拡大して観ていただきありがとう。(^^♪
ミキ
2017/05/25 23:54
おはようございます。
どのお花も、今の季節を代表する素敵なお花
朴の花、香りが漂ってきます。
サワフタギ--見逃しているのか、見ていません。
他のお花、よく行く「水林公園」にあるかもしれません。週末行って確認したいです。
ウグイスカグラの実、味わってきたいですねぇ。
ハンショウズルも、実物はいまだ見ず----山で、探したいお花ばかりです
行き当たりばったり
2017/05/26 07:51
ホオノキの花、実に立派です。
花に香りがある事は気が付きませんでした。
キンランと(ササバ)ギンランと、
揃い踏みでいいですね。
エゴの葉で作られた落し文がこんなに…。
面白くて、思わず見とれてしまいました。
yasuhiko
2017/05/26 17:57
「落し文」落ちている状態の物と思っていましたが、枝に付いている物もあるんですね〜。初めて知りました。草苺いいですね〜。最近、昔の記憶に基づいて「蛇いちご奥へ奥へと道細り 花田心作」を作りました。
花田心作
2017/05/26 20:42
私には名前がわからないものも、こんなにあるんですね。いつも紹介されるたびに驚いています。花のそばに番号のついた木札がありますが、目印なのですか。たとえば一週間ごとに来てみると、花の様子が違ったりしているかもしれませんね。これだけ植物があると、そう思ってしまいます。
楽しいところですね。
はるる
2017/05/26 21:26
 行き当たりばったりさん
  こんばんは。 コメントありがとうございます。
 朴の花の香りは強いので森の中いっぱいに漂っています。
 サワフタギの白い花はふわっとして優しい花です、実も
 瑠璃色の実がなるそうですが、こぼれてか、鳥が食べてか
 なかなか出会えないでいます。
  ハンショウヅルはやぶの中で咲いていて、見過ごしている場合も
 ありますね。出会えるといいですね。(^^♪
ミキ
2017/05/26 23:19
 yasuhikoさん
  コメントありがとうございます。
 朴の花の香り一度感じると忘れられないと思います。
 外側から見ると森は若葉がいっぱいですが、足元には
 いろいろな花が咲いている、そんな季節ですね。
 落し文、よく見ると上手に丸めてありますね。
 とても面白いです。青々しているのも魅力ですね。(^^♪
ミキ
2017/05/26 23:26
 花田心作さん
  コメントありがとうございます。
       蛇いちご奥へ奥へと道細り   心作
 佳句が詠めましたね。赤い蛇いちごの実を眺めながら歩いていると
 いつの間にか道が細くなり途絶えそうだ・・・気がつくとまわりに
 誰もいなくなっている・・・。そんな景でしょうか。
 落し文は木に下がっている姿も魅力的ですね。(^^♪
 
ミキ
2017/05/26 23:39
 はるるさん
  コメントありがとうございます。
 花のそばにある木札は竹で作ったものです。
 ここに大切な花があるよ、という目印です。最近立て始めました。
 散策路の脇など踏まれないように、また興味を持って見てもらえる、
 そういうこともありますね。森に入るたびに発見がありますので
 これからもどんな植物に会えるか楽しみです。
 番号は植物の分類かもしれません、今度聞いてみますね。(^^♪
ミキ
2017/05/26 23:48
 ミキさん、今晩は。
 ホウノ花、サワフタギ、キンラン、ギンラン等とてもよく撮れていますね。次々に優しい画像が現れて歩いた日の楽しかった足取りを思い出します。

 渾身へ森の精うく落し文  ミキ

 葉っぱを丸めて巣を作り、その中に卵を産み付ける虫、オトシブミ。ロマンティックな名前ですね。ひっそりと、でも、渾身の力を込めて小さな森の精たちが命を育んでいる・・・。愛おしい気持ちになりました。
 
 
満ちる
2017/05/31 21:10
 満ちるさん
  こんばんは。コメントありがとうございます。
 大好きな5月も今日でおしまいですね。
 初夏という言葉にぴったりなステキな5月でした。
 24日に卯の花を見に行って上のほうにピンクのヤマボウシが
 咲いているので登ろうとして、滑りました。
 なんと、ずっと正座ももできない膝の上に全体重を乗せてしまい
 一瞬痛くて死ぬかと思いました。(後でDrから膝では死なないよ!)
 夜になって痛みが出て歩けなくなり、25日の総会も出席できなくて、
 家の中で足を引きずって・・・。月曜に受診しました。
 膝の中は内出血していて、たくさん抜きました。
 それで嘘のように楽になりました。
 今日はいつものように歩いています。痛みも取れました。
 あれは何だったのだ? 痛みを抑える薬がよく聞いて驚きました。
 いつ、何が起こるかわからない!という貴重な経験でした。
 やっぱりねぇ、齢なんですねぇ。情けない思いをしています。
  拙句、鑑賞していただきありがとうございます。
 今頃の森は樹木からフィトンチッドが旺盛なので歩くだけで
 元気をもらえますね。(^^♪
ミキ
2017/05/31 22:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
さえずりの森5月・・・落し文・・・ ミキの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる