はや立秋です・・・ミソハギ・・・


長い長い梅雨が明けて一気に夏が訪れました。
ところが早くも暦の上では秋を迎えました。
この暑さなので信じられない思いですが、
今日より俳句は秋の季語、となります。
7月19日の日曜日、神代植物園の水性植物公園へ
ミソハギを観に出かけました。


     ミソハギ
 ミソハギは秋の季語で千屈菜と書きます。
旧盆のころに咲き精霊棚にこの花で水をかけ
禊(みそぎ)としたので禊萩(みそぎはぎ)と言われ
ミソハギになったそうです。
精霊花・溝萩とも言われます。

IMG_4457.JPG



IMG_4460.JPG 


IMG_4489.JPG









IMG_4465.JPG



IMG_4466.JPG


IMG_4463.JPG










IMG_4491.JPG



     シオカラトンボ
 いつも見かけるお馴染みのシオカラトンボ
他にも色の違ったトンボもいたのですが撮れませんでした。

IMG_4473.JPG 














     ミズキンバイ
 水金梅と書きます。
遅かったのか花が少なかったです。

IMG_4487.JPG 
  













     キンミズヒキ
 金水引、花穂を金色の水引にたとえたそうですが、
いわゆる水引草とは趣が違いますね。

IMG_4505.JPG














     アサザの池
 漢字では難しくて…歳時記には 浅沙の花となっています。
花はすでに遅く1輪見かけました。
満開の花を見たことがあります、とても可愛らしい花です。
絶滅危惧種だそうです。

IMG_4511.JPG














     ヌマトラノオ
 沼虎の尾 沼に生える虎の尾
少し遠くて…それに花も可憐な感じです。
ここに来るとみられる花です。

IMG_4506.JPG




IMG_4507.JPG























     ヘメロカリス
 水性植物園の奥の山肌にヘメロカリスが咲いています。
ニッコウキスゲやカンゾウの仲間。ヘメロカリスの名で
出回るのはこれらを基に欧米で改良された園芸種。
一日花なので、デイリリーとも呼ばれているそうです。

IMG_4479.JPG



IMG_4481.JPG IMG_4482.JPG







IMG_4485.JPG



思いがけないPCのトラブルで、
更新が遅くなりました。
まもなく旧盆ですのでタイミングとしては
まぁいいかな?と思っています。



今日の一句
          水にうつる千屈菜の紅沼の照り

          落し文われ宛の文ありやなし      ミキ





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 43

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

  • なおさん

     「夕有風立秋」を夕べに風ありて秋立ちぬ、と読むか、ユーアーフーリッシュと読むかでずいぶん世界が違って見えますねえ。
     暦の上では秋です、と言われても35度くらいになる猛暑続きの日々では、納得できませんね。

     神代植物公園の水生植物園は、植物多様性センターと同様にタダで入れるのが良いですね。7月ですとミソハギ、ハンゲショウ、アサザ、ミズキンバイ、クサレダマ、チダケサシなどいろいろ見られるのが嬉しいですね。

     ミソハギはサルスベリの中間ですから、長く花を楽しめるのが良いですね。水辺に咲く雰囲気が良いものです。
    2020年08月07日 05:10
  • あっこちゃん

    立秋が過ぎたら 残暑お見舞いになるんですよね。
    梅雨が明けたばっかりで 暑中お見舞いはいつだったのかと思いますが
    これからも厳しい残暑が続きますね。
    昨日のプレバトで梅沢富雄さんの俳句、『行合の空の・・・』と詠まれましたがまさにこれからはこの『行合いの空』を多く見られることでしょう
    ミソハギは楚々としたお花なのにこうしてたくさん咲いていると
    水辺でとても際立って見えますね。
    世の中、お盆休みの移動…するしないで喧々囂々。。。
    まずは動かないことが一番の方法だと思います。
    ミキさん、どうぞお大事にお過ごしくださいませ。
    2020年08月07日 15:11
  • 無名子

    こんにちは!
    「落し文われ宛の文ありやなし」
    素敵な句ですね。思わずニンマリです。
    最近はオトシブミ見ていないです。

    近いうちにミソハギを探しに行きたいな。

    立秋、月遅れの七夕。ブログネタに頭を捻ってます (^o^)
    2020年08月07日 17:54
  • はるる

    今は行きたい場所がたまっているような感じです。
    でもミキさんの記事で水性植物園は歩いたことにします。
    水辺の植物がいいですね。それに映り込んだものも、すごくきれいです。
    珍しいものがたくさん見られてよかったですね。
    トンボが素敵です。
    2020年08月07日 18:21
  • yasuhiko

    そうですね。長かった梅雨が明けて、
    いよいよ夏の猛暑が始まったと思ったら、
    もう暦の上では秋。残暑見舞いの季節なんですね。
    でも、正直、ハガキに「残暑」と書いてあっても、
    何だかキョトンとしてしまいそうです。
    ミソハギも、盆花と言われるように秋の花でしたか。
    確かに、水生植物園のミソハギも旧盆の頃が
    一番色鮮やかに見えるかもしれませんね。
    2020年08月07日 21:29
  • ミキ

     なおさん
      申し訳ございません、俳人は暦の上の季節に
     振り回されます。気温35度でも建前としては
     秋の季語で詠まないといけないのです。
     そうは言ってもしばらくは夏の季語を引きずることでしょう。
     立秋という言葉はいかにもという感じで好きです。
      水生植物園へは、ミソハギを見るために出かけています。
     この日は植物園でも色々見ましたが、そのうち紹介しましょう。
     ミソハギがサルスベリの仲間とは知りませんでした。(^^♪
    2020年08月07日 23:23
  • ミキ

     無名子さん
      拙句、落し文の句に目をとめていただきまして
     ありがとうございました。
     落し文は夏の季語なのですが、近くの森で見かけるものですから
     詠んでみました。山歩きをすると足元に落ちていたりします。
      この季節は秋の季語とはいえ体がついて行きませんので、
     初秋の句を詠むのは難儀です。
     次回キツネノカミソリを紹介しますが、先日見せていただいた
     キツネノカミソリには及びませんです・・・。(^^♪
     
    2020年08月07日 23:53
  • ミキ

     はるるさん
      水性公園は歩いたことにしますか?
     満足してもらえて嬉しいです。
     いずれにしてもミソハギはもうお終いかなぁ。
     でも花期が長いといいますが・・・この暑さでは
     足がすくみますね。
      明日友人と出かけようとしたのですが、この暑さですから
     取りやめにしました。
     熱中症も怖いですものね。
     トンボ、はるるさんほどではありませんが、何とかね
     撮れました。水辺はやはり涼しそうでいいですね。(^^♪
    2020年08月08日 00:03
  • ミキ

     yasuhikoさん
      立秋ばかり頭にあり、残暑見舞いまで考えが及びませんでした。
     この頃は暑中見舞いも来なくて寂しい限りです。
     お盆の帰省をどうするか、難しい問題に皆さん頭を悩ませて
     いるようですね。明日からの三連休もあるので、大変です。
     ま、大人しく家で静かに過ごすことにいたしましょう。
     本も積んであることですから・・・。(^^♪
     
    2020年08月08日 00:14
  • ミキ

     あっこちゃん
      そうですね、立秋が過ぎると残暑見舞いになりますね。
     梅雨が長かったので、暑中見舞いを出しそびれ、一気に
     残暑見舞いになってしまいましたね。
      「行き合い」いい言葉ですね。ですが俳句に読むには
     難しいです、いい言葉を見つけると使ってみたくなりますが、
     その意味を十分理解していないと、一句を成すには難しいのです。
     プレバトは毎回見ていますが、俳句を楽しむ人が増えることは
     嬉しいことです。
      東京のコロナ感染者は460人を上回りそこへ連日の猛暑が重なり
     お盆休暇もおとなしく過ごすしかありませんね。
     案じていただきありがとうございます。
     あっこちゃんもくれぐれもご自愛にてお過ごしくださいね。(^^♪

      あっこちゃん順番がずれてごめんなさいね。
     あっこちゃん宛の名前を入れ忘れましたのでやり直し。
     暑さにやられたのかな? "(-""-)"
    2020年08月08日 00:21
  • コスモス1

    みきさん~~~ヾ(^∇^)おはよー♪
    神代植物園の水性植物公園へいいですね
    ミソハギ綺麗に咲いてましたねそんな意味が込められて
    いたのイですね~シオカラトンボたまに見かけます
    水性植物公園だけあって色んな花咲いていますねこの写真を
    見ると静かな様だが見に来ている人はいましたか…〃
    薬師池公園の方は未だキツネノカミソリは咲いていませんでしたか!
    暑い中お疲れ様でした(^^♪
    2020年08月09日 04:47
  • ゴンマック

    こんばんは。
    暦の上ではもう秋なんですね。暑いですけれどね。
    ミソハギ、とても可愛いお花。たくさん咲いていますね。
    この花は秋の季語になるのですね。
    さすが水性植物園、水辺の植物の緑がいいですね。
    光っている感じがします。涼し気ですね。
    水に写る花姿もいいですね。
    今日の一句、いつも素晴らしいです。まだまだ暑いです。
    ご自愛下さいね。
    2020年08月09日 20:49
  • ミキ

     コスモス1さん
      こんばんは。
     遅いかなと出かけましたが、丁度いい時でした。
     日曜日だったので結構訪れている人はいました。
     写真にはなるべく入らないように撮りましたけれど。
     深大寺の門前通りは人がいっぱいでした。
     ですから避けて蕎麦も食べないで帰りました。
     キツネノカミソリはさえずりの森にたくさん咲いていますので
     次回upしますので見てくださいね。(^^♪
    2020年08月09日 23:19
  • ミキ

     ゴンマックさん
      こんばんは。
     この日はお天気でしたから、写真もよく撮れました。
     それと梅雨の晴れ間でしたから、植物はたっぷりと水を
     蓄えて元気でしたね。
     毎年ここのミソハギを撮りますが、ゆっくり歩くと
     とても幸せになれる場所です。
     一句、読んでいただきありがとうございます。
     時には妙な句もありますが、笑って読んでいただけると
     嬉しいです。
     連日厳しい暑さが続きます、ゴンマックさんも
     お体には十分お気を付けくださいね。(^^♪
    2020年08月09日 23:28
  • 無名子

    こんばんは! 
    私のブログでも返信しましたが、こちらにも書かせていただきます。
    ミキさんの「落し文」に寄せて「玉章」を出しました。
    「玉草 ✗」→カラスウリの別名で「玉章、玉梓(たまずさ)」です。
    種子の形が結び文に似ているところから付いた別名で、
    結び文、手紙、恋文の意味なんですよ (^o^)
    「落し文」にも同じような意味が有るましたよね。
    秋になったら、いわれの種をUP出来るように努力します。
    2020年08月10日 01:04
  • ミキ

     無名子さん
      こんにちは。
     お恥ずかしいことです、「玉梓}という言葉を知らなくて
     「玉草」と読みました。
     教えていただきありがとうございます。
      まず梓という木から調べて、写真では黄葉が見られました。
     でも緑の葉の木を見つけるのは無理でしょう。
     今思い出してみると、どなたかに烏瓜の種子の話を聞いたような
     記憶があるのですが、たぶん上の空だったのでしょう。
     素敵な言葉、「たまずさ」を教えていただきましたので、
     機会がありましたら詠んでみたいと思います。
     思いもかけなかった烏瓜の花の句も詠みたいです。(^^♪
     
    2020年08月10日 17:02
  • みなと

    こんばんは!
    暑いのに良く出かけましたね。
    投稿文も素晴らしく良く研究されていますね。
    「落し文われ宛の文ありやなし」(笑)良い句です
    みなとは、オトシブミ見たことありません。
    見ても気づいてないのかもしれませんね。

    本日は、玉ねぎを収穫しました。
    昨日、近くでみんみんぜみが鳴いていて
    ミーン、ミンミンミン・ミー・・最後のミ-が可笑しくて
    独りで笑い、真似してみました。

    ミキさんの語りが優しく
    本当に為になるブログですね👏
    2020年08月10日 18:58
  • ミキ

     みなとさん
      こんばんは、お元気のようですね。
     玉ねぎの収穫ですか、常に保存していないと不安な野菜です。
     とれたては甘くておいしいでしょうね。
     あと一週間でお引越しですね。
     なんとなく落ち着かない日々かと思います。
     私は引っ越しを8回しましたのでよくわかります。

      落し文、って昆虫なんですが、コナラの葉をまいたものが
     散策路に落ちていたりします。(さえずりの森)
     古人は優雅な名前をつけたものですね。
     何気なく詠んだのですが、こういう句はだめかもしれません。(>_<)
      ミンミンは必ず最後にミーといいますね、
     聞いていて面白いと私も思っていました。
     ツクツクホウシは オーシンツクツク、オーシンツクツク
     暑いよう暑いようと私には聞こえます。(笑)
     優しい文章・・・こうしか書けないのですが、褒められると
     嬉しいです。頑張りすぎませんようにしてくださいね。(^^♪
    2020年08月10日 23:47
  • yoshi

    ミキさん。こんにちは。
    新しいPC さくさく動き気持ちよいでしょう。
    ミソハギ、沢山穂が出てますね。シオカラトンボ 家の周りでは、
    飛んで来ませんね。運が良ければ・・・と言う所かな。
    アサザの花、数年前には家のやや大ぶりの浅い鉢で、花が見られたのですが、ここ数年は葉っぱのみです。ヘメロカリスはよく見かける花ですね。
    2020年08月12日 15:23
  • ミキ

     yoshiさん
      こんばんは、遅くなりました。
     ミソハギはちょうどいい時に出かけたようです。
     シオカラトンボはやはりミソハギの池の周りに
     たくさん飛んでいました。秋になると普通のトンボは
     家のまわりでも見かけます。
     アサザ、お家で育てていたのですか?
     葉だけでも涼しそうでいいですね。
     盆花として花屋さんにミソハギが売られていました。
     旧盆ですね。(^^♪
    2020年08月13日 22:36