紅葉を訪ねて・・・八ヶ岳倶楽部 Ⅱ

 八ヶ岳倶楽部の手前にあった大きなモミジの紅葉です。  登りついた目印のように陽に輝いていました。 他の木々と違ってモミジは葉が残っていて今が盛りと紅く燃えています。 中庭のステージではステンドグラス展が開かれています。 この入り口で柳生博さんにお会いしました。  ステンドグラス展は写真撮影禁止でしたので  残念でしたが、素人の目から見ても細かい…

続きを読む

紅葉を訪ねて・・・八ヶ岳倶楽部・・・

 紅葉を見に出かけるには少し遅いと思ったが、以前から行って 見たいと思っていた八ヶ岳に出かけました。 じつは最近車を新しくしたのです。  年齢から考えると免許返納の年齢ですが・・・相棒の新しい車が 欲しいという意欲に、なんとなく嬉しくなって賛成したのです。 暑かった夏は病院通いくらいしか車に乗りませんでしたが、 この秋は少し遠出をして楽しもうと、二人で意欲…

続きを読む

ハロウィン in 多摩センター 10

 台風14号は昨夜まで雨と風でごうごう吹き荒れていました。 今朝は雨はやみましたが、まだまだ台風一過とまでは行きません。 午後から友達のマンドリンの演奏会に出かけるので、途中下車して 多摩センターのハロウィンをのぞいてみました。  駅からこの中央まで歩いてくるのが大変でした。 パルテノン通りは両脇のテントにお祭りの露店がずらりと並んでいて、 焼…

続きを読む

秋のバラ・・・神代植物公園

 先日の神代植物公園では秋のバラ展も開催されていて、大勢の人で賑わっていました。  バラの花をたくさん撮りましたが、その名前は判りませんので きれいだなぁと見ていただければ嬉しいです。      バラ(薔薇)   バラ科  花を撮るにはちょうどいい薄曇りでしたが、こうして景色を撮るには青空が欲しかったです。 …

続きを読む

ジャムを作ろう・・・ルバーブジャム・・・

 ショッピングセンターの入り口に、多摩市と諏訪市富士見町のアンテナショップがある。 日頃眼にしない野菜や、市内でもなかなか買いに行けない和菓子屋さんの酒饅頭などが 置いてあるが、午後にのんびり出かけるとほとんど売り切れてしまっている。 昨日も何気なくのぞいたのだが・・・欲しいと思っていたルバーブが並んでいた。  一緒においてあったパンフレットです。 少し…

続きを読む

さえずりの森・・・キノコたち・・・

 あちこちから情報が入って、さえずりの森はキノコがいっぱいだ・・・という。 早速出かけました。  キノコに関しては、いや関してもかな? 詳しくないのでキノコ図鑑のサイトをのぞいて 名前を探しましたが、いや難しいですね。 画像で判定するのは無理でしたので、 判るのだけ入れました。m(__)m  森に入ってすぐ眼についたのがこの鮮やかな 黄色いキノ…

続きを読む

ようやくヒガンバナ・・・

 昨夜吹き荒れた風もおさまって、昼近くにはまさに台風一過。 青空と太陽が照りつけましたが、さすがに木陰に入るとひんやりとして 秋を感じさせます。  ハイツの庭の一角にヒガンバナが植えてあります。 昨年は撮りそこなったので、昨日台風が来ないうちに 記念撮影を?をいたしました。  花芽が立ち上がるまで踏み潰されないように ロープを張って保護してありま…

続きを読む

ブルーエルフィン・・・2010

  昨日は朝から一日雨となりました。 なんだか肌寒いような気温で嬉しいというよりちょっぴり不安を覚えます。  昨年はあまり元気のなかったブルーエルフィンが 秋空に映えるかに咲きはじめました。 花の形が面白いのとブルーのツートンが素敵なので 何となく好きな花なのです。        ブルーエルフィン  クマツヅラ科   …

続きを読む

毎日咲いて・・・スイフヨウ

 今年のスイフヨウはとても元気です。 芙蓉より咲き初めが遅くて、それでも8月の17日ごろ 木のてっぺん近くに3輪咲きました。  それからは毎日咲きつづけています。 この2・3日はざっと30輪は咲いているでしょう。       いまさら説明するまでもないですが・・・      この花は酔っぱらうのです。 …

続きを読む

9月・・・鰯雲・・・

 暑さと闘っている間に9月を迎えました。 例年なら朝夕はちょっぴり秋の気配を感じる頃ですが 今年は一体どうなっているのでしょう、熱帯夜が連続25日です。 雨も降らなくて、その割りに水不足の心配のないのがありがたいですが・・・。    いわし雲・・うろこ雲ともいう。 他にいわし雲と同じ気象状況から発生する巻積雲で その形が鯖を連想させるのでさば雲…

続きを読む

忠生公園を歩く・・・女郎花・・・

 18日早朝、ほんの少し気温が下がった中を吟行に出かけました。 忠生公園は小田急町田駅からバスで15分ほど乗ったところにあります。  忠生がにやら自然館を中心として源流の池や湿生地、田んぼや、 花見の広場、展望の広場などがあり谷戸の風景がひろがっています。   源流の池です。 まわりからの湧き水は冷たく澄んでいますので、 水底の藻が青々と透けて見え…

続きを読む

立秋・・・花芙蓉・・・

 厳しい暑さをどうにか凌いで、立秋となりました。 ちょっと調べましたら昨年も立秋の花は芙蓉でした。 気になって探したのですが、考える事が毎年同じということに笑ってしまいます。  この一週間エレベーターのリニューアルで 24時間動かない日が3日と日中動かない日とあり 高階に暮らす身としては自由を奪われたような 気分となりました。 そして十分有り…

続きを読む

干し柿づくり

 福島まで出かけてもらってきたと、今年も大きな渋柿をいただきました。    この柿は「はちやがき」という種類だそうです。 以前出かけた塩山辺りでは「ひゃくめがき」でしたので 干し柿にする柿も地域により違うことを知りました。 このところ毎年いただいているので手際も よくなりました。  早速皮むきです。 初めてのとき…

続きを読む

さえずりの森・・・・開放しました・・・・

 28日作業日でしたが、この日からさえずりの森が開放となりました。 入り口にさえずりの森のマップが掲げられ、この入り口からいつでも、誰でも入ることが出来ます。  まだ全面開放ではありません、半分くらいは保護エリアとして入ることが出来ません。 案内の順路に沿って、また保護エリアへは入らないようにお願いいたします。 小さい森ですが四季を通して沢山の植物に出会え…

続きを読む

マユハケオモトの花

 20日出先でお蕎麦を食べようと入ったお店にマユハケオモトの花が咲いていました。 先日来あちこちのブログでお目にかかっている面白い花です。       マユハケオモト(眉刷毛万年青)     ヒガンバナ科   お店の方の話だと西洋オモトだということです。 オモトと違ってオレンジ色の実がなる、という話でした。  名前の由来をネットで調べて見ました。…

続きを読む

キブシの冬芽・・・・七生公園とその周辺・・・・

 野菊の観察会のつづきです。 歩き出してすぐ紅葉している木を見つけなにげなくパチリ! 撮ってからよく見ると何か下がっています、花のように見えるのですが・・・ 早春の林を彩るキブシの冬芽でした。         キブシ(木五倍子)  キブシ科      春先の花は知っていても、その後どうなるか     知らなかったのですが、夏に緑色の実をはじめて …

続きを読む

野菊の観察会・・・・七生公園・・・・

  快晴の13日、ミニコミ紙で見かけた野菊の観察会に出かけてみました。 七生公園は梅の花が満開のころ吟行で訪れたことがあります。 歩きはじめてからなかなか野菊に出会えなくて・・・植物友の会の皆さんも 野菊がメインの観察会ということでしたので、少し気にしているようでした。  ようやく見つけたノコンギク一輪です。 植物の観察会ですから色々な植物を一つ一つ丁寧に …

続きを読む

ホトトギス(杜鵑草)がさいて・・・

 裏庭にホトトギスの苗を見つけて、草刈り機に刈られないように棒で囲っておいたのだが、 そのホトトギスがようやく花を咲かせました。     ホトトギス(杜鵑草)   ユリ科  小さいユリのようなホトトギスは上を向いて咲きます。 花には紅紫色の斑点があり、鳥のホトトギスの胸毛に 似ているところからこの名がついたようです。  また葉の表面に油のしみのような黒…

続きを読む

七国山を歩く・・・・Ⅱ・・・・

 七国山を歩こうと思い立ったのは山の中腹にある蕎麦畑を見たかったからです。 しかし残念ながらもう盛りが過ぎていて、早いものは黒い実になりかけたものもありました。 一面の蕎麦の花・・・のつもりでしたが半月ほど遅かったようです。  さらに登るとこの看板を掲げた畑が広がっています。 何人かの人が作業をしていました。         キバナコスモ…

続きを読む

七国山を歩く・・・・Ⅰ・・・・

 昨日10月1日、思いがけなく晴れてきたので句会に備えて1人吟行に出かけました。 今日はまた雨ですから、昨日の一日はとてもラッキーでした。  町田市七国山は標高128m、かつては相模・甲斐・伊豆・駿河・信濃・上野・下野の 七つの国が見渡せたという。  野津田から七国山を経て薬師池へと下りました。        イヌショウマ(犬升麻)    キンポウゲ科  …

続きを読む

ブーゲンビレア・・・・アンジェⅣ・・・・

 ブーゲンビレアの花を見ると思い出すことがあります。  以前熊本で暮らしていたころ晩秋から冬にかけて ワタリ蟹を食べに天草へドライブしました。 天草は素晴らしいところで、晴れた日には 海も空も紺碧に広がり、まわりの島やそれを繋ぐ 白い橋がきわだち別世界へ来たように心が 晴れ晴れといたしました。  民家の庭先に華やかな赤紫色…

続きを読む

クレマチス・くれまちす・・・・アンジェⅢ・・・・

 先日アンジェで見かけたクレマチスです。      このクレマチスはインテグリフォリア系の     原種に近い花のようです。     花期が5月~10月、まだツボミも沢山あり     しばらくは楽しめそうです。      クレマチス    キンポウゲ科の多年草     歳時記では鉄線花として初夏の季語となっています。…

続きを読む

2009・花かざり・・・・多摩センター・・・・

 恒例の多摩センター花かざりが18日よりはじまりました。 シルバーウイークも後半となり人出も少なくなったようですが、パチリ・パチリ撮って来ました。  立体花壇です。見上げるほど高くて、四角いアーチはじゅうぶん通り抜けられます。 みなさん携帯で記念撮影をしているようでした。  この立体花壇の花はベゴニアとインパチェンスの 花色をそろえて植え込んであ…

続きを読む

白萩を訪ねて・・・・大悲願寺・・・・

 天気に恵まれた16日、あきる野市の大悲願寺へ吟行に出かけました。 五日市線武蔵増子駅から西へと線路沿いの道を歩きました。 途中の民家の庭先や畑に咲く秋の花々を見ながら、のんびりと歩いてゆきます。  紫苑・女郎花・菊芋・そして華やかな曼珠沙華が咲いていて、楽しませてくれます。  大悲願寺は横沢の丘陵を背にした真言宗の寺、白萩と臥竜梅が有名です。 ことに白萩は…

続きを読む

秋の花々・・・・アンジェⅡ・・・・

  今日は秋の花を見てください。 陽のとどかないような樹下にキバナマンジュシャゲがひそやかに咲きはじめていました。    キバナマンジュシャゲ(黄花曼珠沙華)  ヒガンバナ科  先日長さんのブログで見せていただいた 「江戸絞り萩」 が咲いていました。 ヤマハギの赤紫色の濃い花と違い清楚な萩でした。 …

続きを読む

クサフヨウ・・・アンジェⅠ・・・

 アンジェの入り口からの階段にハイビスカスが鉢植えで並んでいた。 朝の太陽にその花の姿はあまりに強烈で何となくドキドキしてしまった。 まだまだ夏がいっぱいだよ!そんな思いになる。   クサフヨウ(草芙蓉)     アオイ科  この花を見たときモミジアオイだと思い込んでいて、そばに行ってみるとクサフヨウと書いて…

続きを読む

狙いはなぁに?・・・秋渇き・・・

 先日晴れ上がった秋の日差しの中、相棒と「フローラルガーデンアンジェ」へ出かけた。 入り口を入ると、大きなカバンをかかえたおじさんに出会う。 こちらが何も言わないのに 「あんまりいい花ないよ」 といい 「猫の写真撮ってきたよ」と言いつつ カバンを開けて大きなカメラを引っ張り出して撮ってきた猫の画像を見せてくれた。 「猫がトカゲを食べていたんだよ」 「猫がいるんだぁ」と言い…

続きを読む

スイフヨウ(酔芙蓉)

 今年もスイフヨウが元気に咲いています。 今朝、下のピロティを掃いていましたら通りがかりの女性から声をかけられました。 「朝真っ白に咲いていたのに、帰りに見たら紅くなっていて・・・私ボケてしまったのかと思いました」 と 話してくれました。そこでスイフヨウの花の説明をしながら、二人で花の話で盛りあがりました。 ついでに土手のセンニンソウの花まで教えて別れました。  そ…

続きを読む

センニンソウ(仙人草)

 今日は白露、二十四節気の一つ旧暦八月の節。 何やら難しいことを省くと 「涼風生ず」 が感覚として判りやすい。 朝夕は凌ぎやすくなりまさに涼風が心地よいころとなった。                 糸尻の掌になじみたる白露の日         斉藤史子  先日からベランダに出て下を見下ろすと・・・真っ白にセンニンソウが咲いている。 前の土手の萩や山吹の葉の上…

続きを読む

小宮公園を歩く

 26日、吟行で八王子の都立小宮公園へでかけました。 朝出かける時は肌寒いほどの気温で歩くのに気持ちのいい日でした。 小宮公園といえばウバユリ・・・と楽しみに出かけましたがすでに実をつけていました。  コナラやクヌギの雑木林はひっそりとして、木道を歩く靴音だけが響きます。 まずは大谷川に沿った木道を歩いてみました。  9時半頃から歩き出しましたがすでに下って…

続きを読む